バリ旅行11日目

今日が最終日です。
朝食はレストランで頂くことにしました。
部屋のほうがいいのですが、ルームサービス係がとても忙しそうなのでやめておきました。
朝食後はチェックアウトの12時まで荷造りをしたりのんびりしたり。
昨晩もドラゴンフルーツを買っていたので10時のおやつに食べておきます。
やっぱり最高ですね。12時にチェックアウトし、車を待ちます。
今日も車をチャーターしておきました。
しばらく待つと見慣れないきれいな車が目の前で止まり、中からガイドのガルーガさんが出てきました。
あれ?赤のボロワーゲンは?
ガイドさん曰く「アノクルマパンクシタ!アハハハハハ」だそうです。
思わず吹き出してしまいました。そんなに楽しそうに言うことではないのですが。
というわけで今日の車はピカピカの日本車です。乗り心地も最高。
これほどまで違いが鮮明だとは。
ドライバーさんはちょっとお洒落でお金を持っていそうな感じですので臨時のドライバーではないかと思いますが、やや不機嫌そうです。
急遽駆り出されたのでしょうか。まずは買物です。
デンパサールの大きいスーパーマーケットをリクエストしましたが、我々とこちらの人では「スーパーマーケット」の概念が違うようです。
みごとにデパートに連れてこられました。ローカル色が強くなかなか面白いです。
お土産用の食料品(調味料やらお菓子やら)を買い込みました。
昼食はクロボカンにある店に行きたかったのですが、さんざん迷子みなったあげく「本日休業」でした。
残念。。。この店以外は全くのノーアイデアなのでガイドさんに美味しい店を紹介してほしいと頼んだのですが、これが失敗でした。
日本語を話すガイドさんなので観光客向けのいいお店を知っているのかと思ったのですが、教えてくれる店は地元の人用のワルンばかりです。
どれもちょっと不潔そうでこれはちょっと〜・・・・な感じです。
結局モルバリギャラリアへ行ってもらいました。
こういう場所ならなんとでもなるでしょう。
ギャラリアの裏手にあるモールでさらっと済ませ(味は不味いですが安かった)CDショップで何枚かCDを購入。
CDの価格はここが一番安かったです。大体Rp.45000ほどです。
ちなみにウブドミュージックはRp.60000〜Rp.90000、バリコレクションはRp.120000ぐらいです。
既にいい時間になったので最後の目的地ウルワツ寺院へ向かいます。
ここでケチャッダンスを見る予定です。ジンバランを抜けウルワツ寺院へ。
丁度ケチャッダンスが始まる6時前に着きました。
ガイドさんからの注意事項は猿に注意だそうです。
眼鏡やイヤリング、時計などは外しておかないと猿に持っていかれるそうです。
寺院内には本当に猿がたくさんいましたが、なぜかおとなしいです。
大人の猿はどっしり構えて餌を差し出しても見向きもしません。
小猿はそこいらでじゃれています。

写真を撮ったらケチャッダンスの会場へ。ダンスはRp.50000です。
既にかなりの人です。半分以上は日本人でした。中高年の人が多いようです。
ケチャッダンスは初めて見ましたが、とても面白かったです。
女性のダンサーが出て来るとは思いませんでした。
ストーリーもあり、時間も1時間弱なので飽きずに見れます。
近くのおばちゃんは早々に飽きたようでぶつぶつ言っていましたが。
ちなみにこの出演者は皆バイトだそうです。昼間は他の仕事をしているそうです。

寺院を後にし、空港へ向かいます。
30分ほどで空港に到着し、ここでガイドさん達とお別れです。

ドライバーさんは最後まで不機嫌そうでした。
元々そういう人なのかも知れません。会社のお偉いさんであることは間違いなさそうなのですが、聞きそびれてしまいました。
チェックインの時間まではまだかなりあるのですが、カウンターに行ってみるとチェックインやってるじゃありませんか。
さっさと荷物を預けてしまったので楽になりましたが、まだ出発まで4時間近くもあります。
暇です。ロビーの店は見尽くしてしまったので2階へ上がり、出国手続きを済ませました。
2階のほうが店の数は多いのですが、どこもガラガラです。
ちょっと立ち止まると店員が寄って来て日本語で話しかけてきます。
かなり鬱陶しいですね。
出発前の腹ごなしということで適当なカフェに入り最後のナシゴレンを頼んでみましたが、最後も大失敗でした。「不味い」というより「これ食べて大丈夫?」的な妙な味がします。
変に酸っぱいテンペ、不思議な味の炒め物、機内でトイレに入り浸るのも嫌なので残しました。
あぁ、バリ最後の料理がぁ〜。
ショックを抱えたままバリを後にしました。
さよならバリ。また今度〜。

Pocket