ブレーキフルード交換

備忘録です。
手順を覚えておくためのメモです。

2年毎の交換らしいが6年は交換していないと思われます。
それでもあまり汚れているようには見えません。
ブレーキフルードチェッカーで見ても状態は健全のようです。

●作業は左後ろ→右後ろ→左前→右前の順
●ジャッキで上げてウマを入れてタイヤ外す。
●9mmのメガネレンチをナットにセットしてワンウェウバルブ付きホースをはめる。
●リザーバータンクのフルードを抜く。(結構量が多い)
●リザーバータンクに新しいフルード補充(周りはマスキングした方が良いかも)

●プラグを開けてブレーキ踏む。
z4
●20回ぐらい踏んでみた(フルードの色の変化はよく判らない)
●プラグを閉じホースを抜いて水をかけておく。
●リザーバータンクに新しいフルード補充。
e86
●タイヤを戻してジャッキを降ろす。

これを4輪行う。
1カ所30分、全部できっちり2時間。
フルードは少し余った(200ml程)

今回は左後ろと左前で気泡が出ていたようです。
ホースの隙間からの混入かもしれませんがどうなのでしょう。
交換後の試走ではブレーキの利きは良くなったように感じました。

必要な物
ブレーキフルード DOT4 1l
9mmメガネレンチ
ホース
ペットボトル(1l)
手袋

Pocket