ブレーキキャリパー塗装

サーフェイサーの色の違いが仕上がりに影響するのか検証したかったので2回に分けて塗装しました。

1回目はリアのみをグレーのサーフェイサーを用いて塗装。

使用した塗料はこちら。
タミヤ スーパーサーフェイサー L (グレイ)
タミヤ TS-18 メタリックレッド
家にあったクリアー

まずは清掃。パーツクリーナーとワイヤーブラシで表面の汚れを落とします。サンドペーパーを使って表面をつるつるに仕上げようかと思いましたが、根気が要る作業なので今回はやめておきました。
ローターの状態が悪いですがこれは来年暖かくなってから交換する予定です。

ついでにサスペンションの状態も確認。よく分かりませんが問題はないようです。

清掃の次は適当にマスキング。チラシをマスキングテープで養生します。ブレーキパッドとローターは近々交換予定なのでかなりいい加減なマスキングになっています。

アルコールで表面を拭きます。

塗装

サーフェイサーを吹きます。隠蔽性が高いのでほぼ1回塗りで大丈夫です。

乾いたらメタリックレッドを吹きます。こちらは3回程度に分けて塗りました。メタリックの飛沫が結構飛び散ります。

最後にクリアーを2回程吹いて完成です。

ある程度乾燥したらホイールを組んでしまっても大丈夫です。

ホイールの隙間から覗くメタリックレッドがかっこいいですね。

使用したタミヤのスプレーは100mlしか入っていないので1台分の塗装でギリギリの量といった感じです。サイズの小さいリアの塗装でかなり減った感じがします。フロントの塗装は節約気味にする必要がありそうです。

Pocket