Category Archives: コタキナバル

マレーシアのコタキナバル旅行

Le Meridien @ KK

ルメリディアンはコタキナバルのど真ん中にあり立地は最高です。
目の前はフィリピーノマーケット、隣はワリサンスクエア、斜め後ろにセンターポイント、裏はインド街、これほど便利なホテルは他にないのでは。
価格もかなりお手頃ですが、サービスの内容はダントツのナンバーワンです。
さすがヨーロッパ資本だけのことはあります。
チェックインの対応だけでも他のホテルとは全く別次元です。
コタキナバルで唯一の世界基準のホテルと言えると思います。
ラウンジで頂くウェルカムドリンクも今まででナンバーワン(好みの問題ですが)だと思います。
meri1
部屋はデラックスシービュー。
角部屋でしたので横っちょのビューも少し楽しめます。
meri2
部屋の広さは十分で、バスルームも広い方です。
テレビがフラットなので余計な出っ張りがなくさらに広さを感じることが出来ます。
夕暮れ時には夕日が差し込んできます。
meri3
ミニバーの中身が邪魔ですが、大型クローゼットやパソコン机もあるのでかなり快適に過ごせます。
meri4

難点を挙げるとすれば、廊下が寒すぎること(ちょっとした冷蔵庫並)、ウェルカムフルーツがリンゴ3個だったこと、正面入り口付近が臭い(向かいのフィリピーノマーケット臭)、これぐらいでしょうか。
meri5
meri6
meri7

部屋の設備
●水×2本
●セキュリティーボックス
●冷蔵庫
●TV
●スリッパ
●DVDセット(韓国製)
●バスローブ(縮んでいる・・)
●シャンプー類
●wi-fi無料

NEXUS Resort Karambunai

ネクサスのレビューです。
このホテルは正確にはコタキナバルではなく郊外のカランブナイにあります。
コタキナバルの街からは車で30分程度かかります。
タクシーの料金はRM70程度。
郊外型のリゾートホテルですので必要なものは全て揃っており、ホテルの外へ出る必要はありません。
言い換えればホテルの外に出たい人はこういったホテルは向きません。
日本人はやたらと街へ行きたがるようですが。。
nexus01
全体的な印象はラサリアに酷似している感じです。
しかし、敷地面積や部屋の広さ等全ての面でネクサスが上回っています。
ラサリアは中国系、ネクサスはマレー系ですのでマレー人の意地を感じます。

部屋はオーシャンウイングを利用しましたが、広さは十分です。
部屋の設備
●水×2本
●セキュリティーボックス
●冷蔵庫
●TV
●スリッパ
●ビーチサンダル
●バスローブ
●シャンプー類
●wi-fi無料
nexus02

ウェルカムドリンクはチケット制でラウンジ等で好きな時に飲めます。

目の前の海はラサリアよりも遥かにきれいで泳ぐことも出来ます。
クラゲには注意が必要です。
nexus03

レストランの数は多いですが、長期滞在はかなりキツそうです。
       昼      夜
●penyu   バフェ    バフェ
●kingfisher   ×     バフェ  アラカルトメニューがあるが??
●olives     ×    アラカルト  高い
●noble house 飲茶    アラカルト
●sunset bar アラカルト  アラカルト
その他ロビーのラウンジとパブがあります。
味のレベルは高いとは言えません。
ルームサービスがおすすめ。
nexus04

無料のアクティビティも毎日ありますが、興味を引くものはほとんどありません。
nexus05

いずれにせよマナーを心得ていない中国人が多すぎるはかなりのマイナス要因です。
朝から晩までところ構わず騒いでいます。タバコを吸いながら泳いでいる人もいました。
こういった連中から離れて過ごすには高いヴィラに泊まるしかなさそうです。
nexus06

ラグーンパークへは1時間毎にシャトルバスが出ていますが、利用者はほとんどいないようです。
ラグーン自体は波もなく魚がよく見えるのでいいと思いますが。。
nexusラウンジ
king fisher
penyu入り口
nexusプール
sunset bar
nexus売店

nexus_room

コタキナバルの美味い店

コタキナバルの美味い店、RESTORAN ISLAMIC。
センターポイント地下とセドコの向かいの路地裏にあります。
イスラミックホテルの1階がレストランになっており、見つけるのは簡単です。
roti5
偶然入り、偶然出会ったのがここのロティというもの。
最初店の人はナンと言っていましたが、多分ロティと言っても分からないだろうと思ったのでしょう。
ロティとはお好み焼きのようであり、クレープのようでもあり。
一番安いロティは生地を焼いただけのようで、これにカレー等をつけて食べます。
私がハマったのはラムのロティ。
注文するとラムカレーのストックからラム肉を数個取り出し店の奥へ行きます。
そこですり潰し、野菜と混ぜたものを焼いた生地にのせて折り畳みます。
これを適当に切り分けて入れ物に入れてくれます。
roti1
カレーの汁も付いてきます。
ビニール袋に入れてくれますが、最初はかなりショッキングでした。
そのほかカレー類もラム、チキン、ビーフ、豆等種類も豊富で毎日通っても飽きません。
roti3
値段表も壁に貼ってありますが、計算はかなりいい加減です。
roti2
店内でももちろん食べられますが、ちょっと衛生的に微妙な雰囲気なので持ち帰りが妥当です。

roti4

行き方
センターポイントから:セドコ方面へ進みセドコ正面あたりで反対側へ渡ります。
映画館の角を曲がると緑色の看板があります。
建物の角なので見つけやすいでしょう。
センターポイントの地下にもあります。
roti6

メニュー。拡大します。
右下がロティ。私が食べたのは多分一番下の一番高いやつです。
rotimenu

King Park Hotel @ KK

コタキナバル市街地の安ホテルの紹介です。
King Park Hotelは値段の割に清潔かつ立地もまあまあということで日本人にも結構人気があるようです。

kingparkhotel
今回利用した部屋は下から2番目のクラス、スーペリアルーム。
前回最安のスタンダードを利用しましたが、あまりにも狭くスーツケースを開くこともままならない状態でしたので1ランク上げました。
スーペリアルームはそれなりの広さがあり、2〜3泊程度なら苦にならないと思います。

部屋設備
●シャワー(バスタブ無し)
●TV
●冷蔵庫
●クローゼット
●水×2
●湯沸かしポット&インスタントコーヒー等

スーツケースを載せる台もありますが、これは邪魔です。

予約はホテルのサイトから直接行います。
ROOM&RATEのページで部屋の画像をクリックすると部屋の詳細と料金が表示されます。
価格の後ろに「Nett」と書かれていれば税金等込みで「++」の場合は税金、サービスチャージが別途かかるということになります。
King Park Hotelは「Nett」表示になっています。
RESERVATIONのページで必要事項を記入し、送信すると翌日には確認書が送られてきます。

Booking Details
上からチェックイン日、チェックアウト日、部屋のタイプ、部屋数、人数(大人と子供)、リクエスト等。
Personal Information
上から肩書き(例えば男であればMr.)、次は関係ありません、名前、名字、国籍(Japanese)、住所(勿論英語で/書き方は番地 街 市区 県の順)、電話番号(+81を頭に付けて市外局番の最初の0を取る)、メール

カード情報は当日まで必要ありません。

http://kk.kingparkhotel.com.my/
旅行会社では取り扱っていません。

king park hotel

king park hotel ベッド
ガラスの強度はあまりなさそう。

king park hotel
ガヤ島

king park hotel
部屋からの眺め。人気のセドコも目の前

バスルーム

ロビー

コタキナバルの旅2009 8日目

朝食は今日も軽めに済ませる。
チェックアウトまで部屋で静養。
熱さえ無ければなんとかなるので朝から解熱剤を立て続けに飲む。
10時過ぎにチェックアウトし、タクシーで空港へ。RM20
カウンターの手際が悪く、ものすごい人でごった返している。
新しいターミナルは店も多く待ち時間も退屈せずに済む。
一応マスクを装着してMH80に搭乗。
なんとほぼ満席。。落ち着かない。。。

成田到着後健康相談所へ直行した。
検温したが36.8℃。。。。平熱?????
簡単な問診のみで終わってしまった。。。。
インフルの検査ぐらいやってもらえるかと思っていたのに。。。
日本へ着くとなぜか体調が良くなったような気がする。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

翌日、保健所へ電話後近所の病院へ。
一応インフルかもと伝えるとにわかにパニック状態に。
別室へ案内されそこで簡易検査を行った。
鼻に長い綿棒を突っ込みグリグリと。。
少し痛いだけ。終わった後は鼻水がたくさん出てくる。
20分ほど待たされて検査結果が出た。陰性。。。。。
熱も昨日と同じく36.8℃。。。。。
診察室に通されて通常の診察に移るが、「ただの風邪でしょう」。
そんなばかな!
ただの風邪とは症状が全く違うでしょ。。
あれだけ苦しんだのにインフルの抗体もゲットできなかったとは。。。。
かなり残念。

お薬
↑は現地で買った薬。
左が解熱剤PANADOL、右は頭痛薬Uphamol650。
箱入りは2シート20錠入りですが、1シートのみのバラ売りもあります。
どちらも1日数回1〜2錠とかなりいい加減ですが、食後に1錠で十分だと思います。
裏に英語、中国語、マレー語で説明書きがありますので薬を出す前に読んでおきましょう。(先に穴をあけてしまうと肝心な箇所が読めなくなる可能性大)

コタキナバルの旅2009 7日目

体調悪し。
朝食はロビー横のレストランにて。
色々あるが食欲なし。
フィリピーノマーケット
午前中は部屋で静養。
昼食はまたもやイスラム屋「KEDAI MAKAN ISLAMIC RESTORAN」で買ってきてもらった。
体調不良でもロティは美味い。
ロティ
午後は若干体調がよさそうなので近所を散策してみた。
この街の店員は何となく商品を眺めていると無言で背後にぴったりとくっつき
こちらが足を止めた途端マレー語でなんやかんや話し始める。
観光客でもお構いなし。で、英語で話しかけると慌てて英語が話せる店員を呼びに行ったり。
この慌ただしさが結構面白かったり。。

ホテルの目の前にあるフィリピーノマーケットのテント街に潜入してみた。
屋台が集まっている一帯は何とも言えない臭いが漂っており、とても近づける状態ではない。
こんな悪臭の中でも地元民は何食わぬ顔で食事している。恐ろしい。
ちょっと迂回して八百屋系の店が立ち並ぶ辺りから潜入してみた。
こちらは言ってみれば直売所的な感じで採れたての野菜等を売っている店が中心のよう。
一番奥では魚が売られているが、この辺りも悪臭が漂っている。この臭いからすると既に腐っているように思えるが。。
マーケットの南側にあるウォーターフロントと呼ばれるちょっと洒落た一帯へ足を伸ばしてみた。
こちらも結構臭い。。魚の腐敗臭のようなドブのような。。。日本語の看板もあるようだがこんなところで食事する人がいるなんて。。。

向かいのワリサンスクエアにも行ってみた。
まだ新しいのに去年よりも店舗数が減っている。上階は空きが多い。
元々この建物は迷路のような造りで現在位置を把握しづらいので商売的にはかなり不利なのでしょう。
港KK
日が暮れると体調が再び悪化してきた。
高熱、悪寒。。
kk夕暮れ