Category Archives: 雑記

その他諸々

webサイトの爆速化

webサイトを長年運営していると表示速度の低下に直面します。KOKOPELLI for Smudgingも10年が経過し、その遅さ(重さ)が気になっていました。サイトのデザインを一新したついでにスピード対策もしてみました。
※ブログでの公開を念頭に置いて作業したわけではないのでスクリーンショットはありません。ほぼ文章のみになります。

PageSpeed Insights

まずはGoogleのPageSpeed Insightsで現在の表示速度を計測してみます。トップページ77ホワイトセージのページ72とあまり良い数値ではありません。体感上もかなり遅い印象です。
「修正が必要」の項目ではサーバーの応答時間を改善しろ、「修正を考慮」では画像の最適化やCSSやらの縮小といったことが表示されています。

画像の最適化

手始めに画像の最適化を行います。最適化とは画像に含まれる余計な情報(データ)を削除してファイルサイズを縮小することなのですが、既に最適化は行っているので確認程度の作業です。ImageOptimやExifPurgeといったフリーウェアのソフトを使っています。compressor.ioというサイトでも同様のことができます。

CSSとJavaScriptの縮小

これは改行や余計なスペース、注釈などを削除してファイルを軽量化させるというものです。この作業でファイルサイズは半分程度まで縮小できます。また、使っていないCSSなどもついでに削除しておくとさらに縮小できます。CSS Compressorというサイトで縮小させることができますが、オリジナルのファイルはどこかに保存しておかないと手直し等の作業が事実上できなくなりますので注意しましょう。コンピューターにとっては改行や余計なスペースはゴミデータでしょうが、人間にとっては視覚的に必要なデータになります。

CSSとJavaScriptの読み込みタイミング

まずCSSは<HEAD>タグ内の一番上に置くのがいいそうですので移動させます。また、@importで読み込ませている場合は読み込みが遅くなるらしいので直接読み込むように記述を書き換えます。JavaScriptは</BODY>タグの直前でいいそうです。通常は<HEAD>タグ内にあるので</BODY>タグの直前へ移動させます。

ここまでで結構な労力を使いましたが、サイトの表示速度はトップページ80、ホワイトセージのページ75と若干の向上に留まりました。この後CSSのファイル数を減らしてみたり複数の画像をひとつに纏めて読み込み回数を減らすCSS Spriteを試しましたが、これ以上の速度向上は望めませんでした。。
pagespeed insights

データベースのバージョンアップ

万策尽きたかと思いましたが突然閃きました。データベースのバージョンっていくつだろう。。確認してみるとバージョンは5でした。契約しているサーバーでの最新は5.6です。もしかしてと思いデータベースのバージョンアップを試みました。使用中のデータベースをエクスポート。新規にデータベース作成。エクスポートしたデータをインポート。configファイルを書き換え。これで完了。
体感上かなりサクサクになりました。速度を計測してみるとトップページ91、ホワイトセージのページ93と予想を超えた爆速化に成功しました。古いバージョンのデータベースで運用している方はまずここから手を付けてみましょう。

pagespeed insights
pagespeed insights

2012-2015ssd

Mac Mini 2012 SSD導入

Mac Mini購入から1年が経過し、予定通りSSDの導入に踏み切りました。
当初インテルの評判がすこぶる良かったのですが、サンディスク派の私はサンディスクのSDSSDHII-480G-J25Cを購入しました。
現在のディスクの使用量が200GB以下だったので480GBもいらないと思いましたが念のため容量の大きい480GBにしました。

交換法は細かく説明しているサイトが山ほどあるので割愛します。
このSSDは厚さ7mmですが、そのまま装着するとスカスカになりネジ穴がずれてしまうので付属のスペーサーを貼付けてから取り付けた方が良いようです。(画像なしでは意味が解らないと思いますが、やってみれば解ります)
取り付け後、CPUの温度が90℃に上昇したので再度蓋を開けて確認したところ、ファンのコネクターが外れていました。取り付けは慎重に。。

取り付け後の感想ですが、体感速度は劇的に上がります。起動時間は僅か10秒足らず。
システム終了もスパッと終わります。
重たいPhotoshopやIllustratorもさくっと立ち上がります。時間的には半分以下です。
動作音はもちろんしません。
CPUの温度が若干高めのような気がしますが気のせいでしょうか?

2010hdd
Mac Mini 2010のHDDの速度
遅いです。

2012hdd
Mac Mini 2012のHDDの速度(購入時測定)

2012-2015hdd
Mac Mini 2012のHDDの速度(最近測定)
1年程度使用していますが、既に10%近く遅くなっています。

2012-2015ssd
Mac Mini 2012 SSDの速度
読み込みは約6倍!メーター振り切れてます!書き込みは2.5倍です。

hotrail2

Hot Rails Seymour Duncan

ギターセンター

先日ラスベガスのギターセンターでピックアップを買ってきました。円安ではありますが、それでも日本で購入するよりちょっと安いのでわざわざアメリカで購入したわけですが、なぜかご丁寧に日本円で決済されてしまい(かなり悪いレートで)日本で買った方が安かったんじゃないの?という結果になりました。

購入からひと月経ってしまいましたがようやく取り付けました。
購入したのはダンカンのホットレイルです。
何と買うかかなり悩みましたが、今はこれで仕事をしている訳でもなくバンドをやっている訳でもないので無難でヘヴィーなホットレイルにしました。
取り付け自体は特に問題なし。なぜか苦手のハンダ付けも無事終えました。昔のピックアップよりも若干大きめでしたのでボディを少し削りました。

ディマジオのHS−3からの載せ替えですのでさすがにパワーは上がりました。
ホワイトアッシュのボディとの相性も悪くないようです。
しかし予想はしていましたが無個性というのか面白みのない音になりました。
ノイズは全くなく素晴らしいですが、良くも悪くもクセがなさ過ぎる感じです。
後日コンデンサーの交換で音色の調整をします。

hotrail2

睡蓮鉢の藍藻対策

大型のプランターに睡蓮鉢を入れて育てていますが、特定のプランターの鉢が藍藻だらけになってしまいました。
放っておいても睡蓮に影響はないかもしれませんが、見栄えが非常に悪いので取り除くことにしています。
ところがこの藍藻は成長がとてつもなく早く、手で取り除いても翌日には鉢の半分ほどを覆ってしまいます。
いろいろ調べてみるとオキシドール(過酸化水素水)や木酢液が効くらしいので試してみました。
オキシドールはいつ買ったのかも分からないものがあったのでとりあえずこれを使ってみます。
市販の薬は結構高いので今回は使用しません。

藍藻対策
鉢を取り出し藍藻に直接かけてみます。
表面は完全に覆われています。
ほとんど匂いもしない古いオキシドールですが、藍藻が若干泡立ち色が薄くなりました。
まんべんなくかけて10分ほど放置してからプランターに戻します。

睡蓮鉢の藍藻対策
10分ほど経ってから様子を見たところ、明らかに藍藻の色が薄くなっています。また、細かい泡が出ており土からはがれて浮き上がっています。今まで見向きもしなかったメダカ達も浮き上がった藍藻に食いついています。
どうやら効果絶大のようです。
オキシドールには添加剤が入っているようですが、メダカや水への影響は多分大丈夫でしょう。
本来傷口に塗るものですから生体に悪影響を及ぼすものは入っていないと決めつけました。

1時間ほど経過。メダカは既に興味を無くした様子。
泡と戯れていただけのようです。

翌日の様子
藍藻対策
明らかに藍藻が減っています。はがれて浮いた模様。
田螺もこの状態なら食べてくれるようです。

睡蓮鉢の藍藻対策
こちらは別の鉢。
こちらはオキシドールをかけてから水洗いし、プランターに戻してみました。
1日経過していますが、藍藻は増えていません。
洗ってから戻した方がきれいに仕上がります。

大成功のようです。

思いのほか簡単でした。

waterlily

睡蓮咲く

今年購入した熱帯睡蓮2鉢と温帯睡蓮1鉢が同時に花を咲かせました。
数年間育てている温帯睡蓮達はまだ蕾もありません。
今年は咲かない気配です。
今年は非常に暑いので温帯睡蓮には厳しいかもしれません。
とりあえず新参者が咲いてくれてほっとしています。
この3鉢は調子がいいようで蕾もたくさん付いています。
しばらくは目を楽しませてくれるでしょう。

waterlily

ギタークリア塗装

ギターの再塗装 その4 上塗り

作業も後半に入ります。

風呂場での作業です。
適当に養生して作業に入ります。
まず木部用プライマーを吹き付けます。
上塗りが木に染み込みすぎないようにするためのものです。
これが常軌を逸した臭さなので手早く吹き付けて速やかに退避!
マスクとゴーグルは必須です。
退避後は換気扇を回して1時間程換気と乾燥。
その後もう一回同じ作業の繰り返し。
かなり薄めに吹き付けたので計3回行いました。
ギター塗装プライマー

一晩乾燥させてクリアの吹き付けに入ります。
クリアのラッカースプレーもとてつもない臭いがします。
マスクとゴーグルはお忘れなく。
スプレー缶は温めてから使用した方が綺麗に吹き付け出来ます。
蛇口のお湯(40度ぐらいでしょうか)で温めます。
斑防止のためにも一手間かけましょう。

ひたすら吹き付け→乾燥を繰り返します。
予定では1日で終えるはずでしたがクリアーが足りない気がしてきました。
1本じゃ全然足りなさそうです。
木目の凹みが全く埋まらず。。
全く足りません!

ギターステイン塗装

作業中断して急遽追加注文。

クリアーは3本使いましたが結局足りません。
砥の粉かプライマーでしっかり凹みを埋めておかなければいけなかったようです。

完全に飽きてきたのでここで作業終了。

多少凹凸が残っていますが木目の風合いを残したということで。。

ギタークリア塗装

10日ほど乾燥させてからコンパウンドで軽く磨きます。
表面に凹凸があるのであまり気合いを入れて磨く必要もなさそうです。

色むらが若干ありますが初めての作業にしては上出来だったと思います。

IMG_1796

以上、「ギターの再塗装をしてみる」でした。

次回は「コンデンサーの種類による音の変化の考察」をやろうかと思ってます。

<その3

ギターの再塗装 その3 ステインで塗る

面倒くさがらずに一からやり直します。
木地にステインで着色することにしました。
ホームセンターに目当ての色がなかったので取り寄せしました。
評判のいいポアーステインのブルーとワインレッドです。
混ぜて紫系にしようかと思ってます。
ポワーステイン

作業の続き。。。。
下地も全部剥がします。
ここからひたすらペーパーがけです。
60、120、200、600番を駆使して約1週間かけて木地を出しました。
思いのほか下地が厚く、予想以上に手こずりました。
しかも木地が平らではなくゆるやかな凹凸があったので下地を全て除去するのに難儀しました。
どうやら木地の調整はそこそこに塗装を平らに磨くことでごまかしていたようです。
値段が高い割に手抜きをしていたということでしょうか。
それともギター製作ってこういうものなのでしょうか。。

さて削る作業ですが、初めのうちはひたすら白い粉が出てきます。
木地が出てくると黄色みを帯びた粉に変わります。
また、木の香りが漂い削り心地も柔らかさが加わりますのでどこまで削るかはそれほど難しい判断ではありません。
時々削りカスを綺麗に拭き取ると木地が露出している部分と下地が残っている部分との色の差を見ることができます。
私のアッシュの場合は白っぽい色が木地、濃い色がまだ下地が残っている状態です。
削り続けているうちに色の微妙な差や手触りで削り残しも判るようになります。

ギターのペーパーがけ
ギター再塗装

ペーパーがけ作業は終わり、砥の粉で導管埋めに入ります。
砥の粉は白を買いましたが、グレーに近い感じです。木の種類によっては黄色でいいかもしれません。
砥の粉と水は1:1とのこと。よく分らないので指示通りに混ぜ塗りたくってみました。
ボディー材に水分をしみ込ませてしまうことにかなりの罪悪感を感じながらの作業です。
半乾きの状態で布で軽く拭き取るそうです。。
で、これで何が埋まったの?といった感じですが一応きっちりやっておきます。
ちょっと水っぽすぎたようなので濃いめに作ってやりなおし。
何がどう変わったのか今ひとつピンと来ない感じですが、一応終了。

砥の粉処理

1日乾燥させてからペーパーをかけてみました。

いよいよ塗装

色を調合して紫を作ります。
ワインレッド20ml、ブルー20mlで混ぜてみました。
これがいきなりほぼ理想通りの紫になりました。
若干赤みが欲しいのでワインレッドを2ml追加して水も4ml足して気持ち薄めてみました。
同じような色合いの木っ端に試し塗りしてみましたが、問題なしです。

刷毛で一気に塗りたくり、布で刷り込み斑を無くしていきます。
吸収が早いので手早く作業します。

裏面とサイド→サイド→表面とサイド手直し、の順番で塗ってみました。
塗料の吸収が早いので乾燥を待つ必要はないようです。
もう1回同じ手順で塗りながら塗り残しや斑を無くします。

サイドは斑になり易いので何度か手直しをしました。

乾燥を経て出来映えをチェック。
何カ所か下地のシーラーが残っていましたが、予想の範囲内でしたので軽くて直しした程度で済みました。
ギターのステイン塗装

砥の粉で埋めたはずの溝がはっきりと判ってしまうのですが何ででしょう?
ステインを塗った際に溶けてしまったのでしょうか?
今更どうにもならないので放っておきます。

次回は感動のラスト

<その2   その4>