Ayam Yummy@ウブド

ウブドのレストラン激戦区、ゴータマ通りにひっそりと佇むレストランです。人気店の喧噪とは裏腹に実にゆったりと食事を楽しめます。要するにお客がいないのですが、この違いが何なのかは謎です。料理は当たり障りの無い普通のレベルですが、それは他のレストランも同じようなもの。違いがあるとすれば人気店はゴータマ通りの東側に並んでいますがこのレストランは西側にあります。もしかすると気付かれていないのかもしれません。比較的新しい店なのでこれから流行るかもしれません。1階席は通りの音がうるさいですが2回はとても静かです。

サテカンビン@ロビーナ

ロビーナのサテカンビン情報です。ロビーナのメインストリート、Jl.Raya LovinaとJl.Raya Anturanの交差点(5叉路)にナイトマーケットがあります。この中に2軒もサテカンビン屋があります。そのうちの1軒はヤギの骨を店先にぶら下げており、本物をアピールしています。両方で購入してみました。価格はどちらも同じでサテカンビンRp20000、グレカンビンRp10000です。味はそれぞれ特徴がありますが、どちらも美味しいということです。ピーナッツの風味が強く甘みが多いものか辛さが強調されたものか、これは好みの問題ですが私はどちらも美味しく頂きました。別の日にホテルのスタッフに買い出しを頼んだところ、さらに別のワルンから買ってきてくれました。場所は判りませんがこちらも美味しかったです。

その他のサテカンビン情報

Pasar Sindhu(シンドゥ市場)

サヌールにあるシンドゥ市場に行ってきました。サヌールはよく行きますが、この市場は北の外れにありちょっと遠いので今まで行ったことがありませんでした。ここで有名なのが夜市(ナイトマーケット)です。予想以上の人だかりでした。白人観光客が圧倒的に多いようです。隅の方には地元の人向けの古着屋や雑貨屋が並んでいますが、敷地の2/3程度は屋台が占めています。観光客が多い割に価格は安く、価格表を掲げている店もあるのでぼったくりは少なそうです。ナシゴレンはRp15000程度、ミーバクソはRp10000でした。

朝は夜とは打って変わり本来の市場の姿になります。市場の建物内では様々な物が売られています。夜市で賑わっていた駐車場は本来の車を置く場所になっていますが、片隅には朝食の屋台が3〜4軒出ています。朝食は量が少ない分安いのですが、観光客はかなりぼられます。地元民の倍の価格のようです。わざわざタクシーを使ってまで行く価値はないと思いますが、近所に泊まった際はなかなか楽しめる場所です。

サテカンビンのチャンピオン2015年度版

ワルンの世界はとても奥が深いです。地元民向けのビジネスですのでおしゃれなだけでも話題性だけでもやっていけません。味で勝負できなければあっという間に潰れてしまうのでしょう。そんな訳で今や観光客向けのレストランよりもこういった地元民向けのワルンでの食事の方が楽しくなっています。私の一番のお気に入りはサテカンビン(焼き鳥のヤギ肉版)です。サテカンビンはイスラム系の人たちの居住地域でしか見かけないためお目にかかる機会は少ないですが、見つけたときは試すようにしています。

今回見つけたチャンピオンはウブドの北、サンギンガンとクデワタンの境目辺りにあります。Jl.Raya SangginganがJl.Raya Kedewatanにぶつかる手前の道路脇にあります。複数のワルンが集まっており、夕方から深夜までの営業だと思います。ここの向かって左端がサテカンビン屋です。

kambing
この看板が目印。

kambing

sate combing
ヤギの骨がぶら下がっています。本物のヤギ肉を使っているアピールです。

サテカンビン
サテカンビンはRp20,000、グレカンビンはRp15,000でした。価格は普通です。お味はかなりのレベルです。スミニャックの店も美味しいですが、こちらの方が深みのある味のような気がします。新チャンピオン誕生です。

揚げ物屋さん

厨房
こちらは揚げ物屋さん。レレゴレン(ナマズの唐揚げ)も好きなのですが、今回はナシゴレンのみにしました。こちらのナシゴレンも奥深い味でナシゴレンチャンピオン認定です。調理を見ていると揚げ物で使った油をナシゴレンにも使用していましたので、いろいろな魚や鶏肉のエキスが油に混ざりナシゴレンの風味が増しているのだと分析しました。簡単に作っているのですが本当に美味しいです。価格はRp10,000。

バクソ屋さん
こちらはバクソ(バッソ)屋さん。味は普通でした。Rp10,000。ちょっと高いかな。

ウブドからの行き方

王宮の前の道(ラヤウブド通り)を西へ(モンキーフォレスト通りから王宮前に出たら左へ)を進み橋を渡ります。そのまま道なりに。ビンタンスーパーを超えてさらにまっすぐ。左カーブを曲がりさらに進みます。結構な距離ですので徒歩では無理です。車でも10分弱かかると思います。

Batan Waru @ Ubud

batanwaru

バリで一番美味しいレストランに勝手に認定したバタンワルです。バリのレストランは作る人によって味が大きく変わることがよくありますが、こちらはいつでも美味しいので安心できます。ウブドでも新しいレストランが続々と開店しているので客足がやや遠のいているようですが、むしろ混んでいないほうが落ち着くのでいいかもしれません。冷房もなくセミオープンな造りですが、夜は特に暑さを感じることはありません。料理はいろいろ食べましたがハズレなしです。シェフのお勧めや小洒落たナシチャンプルも美味しいです。量も多すぎず少なすぎず、お値段お手頃、スタッフも程よく上品で気が利きます。

ウブド店はモンキーフォレスト通りとハノマン通りを結ぶドゥウィシタ通り沿いのあります。最近出来たクタ店はトゥバンのリポモール1階です。

お高いレストランも増えていますが、高くて美味しいのは当たり前です。お手頃価格で美味しいのが価値のあることだと思います。
ということで五つ星です。
starstarstarstarstar

WARUNG JAWA MOROSENENG @サヌール

バリに行くようになってからすっかり食いしん坊になってしまいました。

さて、サヌールでお勧め出来るワルンを見つけました。
場所はダナウポソ通りをずいっと西へ行った所、スダマラ通りとの交差点近くです。
最近出来たTaksuホテルのすぐ近所です。
店構えは地味ですが、お昼時にはバイクがずらっと並んでいるのですぐ判ります。
基本的にはナシチャンプルだけのようですが、注文すれば作ってくれそうな感じです。
ローカルワルンとしてはかなり広い印象で、20人程度は座れそうです。
ggsp1

おかずの種類は豊富で迷ってしまうぐらいです。
味も上々でダナウポソ界隈では重宝するワルンです。
辛さはそれなりにありますが、辛いタレをかけなければ日本人でも対応出来る辛さです。
ggsp2

価格は普通に盛ってRp20000以下で収まります。
野菜のみで軽めに盛ればRp10000でおつりが来ます。
ggsp3

英語はほとんど通じません。
インドネシア語で注文すれば現地価格になるような気がします。。
ggsp4

starstarstarstar