Camaleonte ペダル交換

純正ペダルが格好悪いので交換しました。台湾メーカーのRockBros製のマグネシウム/チタンペダルを買いました。

取り外しは15mmのレンチを使います。15mmのレンチなど工具箱に入っていなかったのでモンキーで試みましたが手首を捻挫してしまいました。新品ですから固着しているわけではありません。ものすごい馬鹿力で締め付けているようです。作業中断して15mmのレンチをポチリ。潤滑スプレーを吹き付けて後日再挑戦です。

レンチ届きました。潤滑スプレーの効果もあるかと思いますが一発で取れました。モンキーよりも柄の長さがちょっと長いだけですが使いやすさが段違いでした。新しい方は8mmの六角レンチで取り付けるタイプです。トルクレンチは持っていませんので勘で締め付けました。念のため後日増締めします。

色はちょっと白過ぎかとも思えますがまあいいでしょう。ちなみに重量は古い方はペアで377g、新しい方はペアで168gです。209gの軽量化です。

使い心地は上々です。ピンが靴裏に刺さるので靴がしっかり固定されて漕ぎやすいです。軽さは全く分かりません。幅が若干狭く感じました。

pedal1

pedal2

pedal3

pedal4

pedal5

初めてのクロスバイク -ビアンキ買いました-

とりあえず乗りやすそうなビアンキのカメレオンテ1にしました。週末に100km走るとか北海道1周とかそういった気は全くないので気軽に乗れそうなものということで選びました。

bianchi1

いざ納車

4月某日。秋葉原のビアンキ本陣にてカメレオンテ受領。そのまま16kmほどの道のりを1時間ちょっとかけて帰って来ました。
bianchi2

隅田川の花見も盛り上がっていました。
bianchi3

まず最初の印象は路面の凹凸をやたらと拾うなと。お尻のへの振動の伝わりが予想通り結構なものです。サドルは既に購入済みですが、買っておいて正解かもしれません。バランスは非常に良く造りはしっかりしている印象です。ブレーキは効き過ぎるぐらいですので暫くは慎重に操作する必要がありそうです。

付属のパーツは反射板2つ(白、赤)とタッチアップ塗料のみ。ベルは付いていませんので別途購入する必要あり。

パーツの交換は徐々にアップする予定です。