電動自転車 ブレーキワイヤー交換

自転車のブレーキワイヤーは毎年交換した方が良いそうです。本当でしょうか?

電動自転車のパナソニックviviのブレーキワイヤーを交換しました。電動自転車のブレーキワイヤーは普通の軽快車(ママチャリ)よりも長いということですので長いものを購入しました。

イワイというメーカーのもので前輪用は通常の長さ、後輪用はロングにしました。インナーとアウターのセットです。その他必要な工具はワイヤーカッターと10mmのレンチです。

まずは前輪からです。

ナットを緩めてワイヤーを外します。ワイヤーの先端のキャップはラジオペンチ等で外します。

ブレーキレバーを握るとワイヤーの終端部分が見えるのでそれを外します。

新品のアウターの長さを合わせてワイヤーカッターで切断します。インナーはまだそのままです。潤滑と防錆用にスプレーを内側に軽く吹いておきました。潤滑の定番のCRC5-56はゴム等を膨張させてしまうので不可です。

取り外しと逆の手順で取り付けます。


アウターの両端に水の浸入防止目的でグリースを軽く塗ってみました。
ブレーキシューとリムの隙間は3mm程度が基準のようです。左右のバランスを見ながらボルトを締めます。最後に長過ぎるインナーワイヤーをカットして付属のキャップをカシメて前輪は終了です。

続いて後輪です。
ワイヤーが纏められているクリップを外します。

ブレーキのナットを緩めてからワイヤーを外します。やり方は前輪と同じです。

後輪のワイヤーはクランクのカバーの中を通っていますが、外さなくても大丈夫でした。
同じ手順で新しいワイヤーを取り付けます。

ブレーキの調整をして終了。

作業時間は前後で1時間かからないぐらいです。特に難しいことはありませんが、ブレーキの調整とナットの締め付けは慎重に行う必要があります。

かかった金額はワイヤー代のみですので¥900程です。ワイヤーカッターはニッパーで代用できそうですが、あった方がよさそうです。

電動自転車タイヤ交換 後輪

電動自転車のパナソニックviviのタイヤ交換をしました。
後輪編です。

前輪はこちら。

使ったタイヤはパナレーサーのスーパーハードタフネス 26X1-3/8です。タイヤ、チューブ、リムテープが各2本ずつのセットになっているお買い得品です。個別に買うよりも遥かに安いです。

Panasonic(パナソニック) スーパーハードタフネス 26X1-3/8 白/黒 日本製タイヤ&チューブ各2本セット

まずは右側のカバーを外します。+のねじです。

15mmのナットを外します。15mmは一般的なレンチセットには入っていないサイズですので買う必要があるかもしれません。
モンキーで代用可能です。

左側も同様に15mmのナットを外します。
前輪よりもやや複雑なので部品の並び順は間違いないように撮影しておきましょう。

このナットも両側外します。マジックで印を付けてみましたが、ナットを外すと見事に消えてしまいましたので撮影しておいた方がよいです。

ブレーキ関係(左側)も一通り外します。

チェーンを外すと(画像なし)車輪が取れる状態になります。
車輪は後ろへ引き抜きます。

肝心なところは手が足りず画像がありません。

タイヤの交換は前輪と同じ手順になります。

ついでにチェーン等の掃除もしておきます。

画像がありませんが、組み付けました。

ついでにローラーブレーキグリースも補充しておきます。
ブレーキ上部に穴からグリースを入れます。

古いタイヤ

必要工具は15mmレンチ、+ドライバー。
作業時間は両輪で4時間強でした。ブレーキシューの交換やローラーブレーキの清掃がなければもう少し早く出来ます。
要領が掴めれば3時間もかからないと思います。

電動自転車タイヤ交換 前輪

電動自転車のパナソニックviviのタイヤ交換をしました。
パナソニックはパナレーサーという自転車のブランド(子会社?)を持っているだけのことはあり、個々の部品の質はなかなか良いようです。

今回使ったタイヤはこちらです。

タイヤ、チューブ、リムテープ全て込みの手間要らずセットです。個別に買うよりも安上がりですね。しかも日本製です。(リムテープは中国製でした)

panaracer

toughness

作業です。
初めてのタイヤ交換なので簡単な前輪から行いました。

まずキャップを外します。

ピカピカのボルトを14mmのレンチで外します。それほど力は要りません。

いろいろな部品が重なっているので順番をよく覚えておきます。

反対側も同様に外します。

前輪はスポンと簡単に取れます。

タイヤの空気を抜き、ホイールから外します。
写真は撮り忘れましたが、タイヤレバーはあったほうが作業性は向上します。

外しました。

リムテープも交換します。

チューブはタイヤに入れ、軽く膨らませます。こうすることでタイヤとチューブが馴染んでうまく収まります。
空気を抜いてホイールにはめます。
空気を入れるバルブの部分を穴に納め、タイヤの片側をホイールにはめます。
最後の方は結構固いですが、コツを掴むとすんなり入ってくれます。
反対側も同じ要領で行います。

タイヤが収まったらタイヤとホイールの隙間を覗きチューブがはみ出ていないか確認します(両側それぞれ1周)。チューブがタイヤとホイールの間に挟まってしまうとパンクしてしまうそうです。
確認が終わったら軽く空気を入れて最初と逆の手順で組み付けます。
ついでにブレーキシューも交換しました。


ホイールが汚いですが私の仕事ではないので(私の自転車じゃないので)そのままです。

以上が前輪編です。

使用した工具は10mmと14mmのレンチとタイヤレバーのみです。

後輪はこちら。

Camaleonte ペダル交換

純正ペダルが格好悪いので交換しました。台湾メーカーのRockBros製のマグネシウム/チタンペダルを買いました。

取り外しは15mmのレンチを使います。15mmのレンチなど工具箱に入っていなかったのでモンキーで試みましたが手首を捻挫してしまいました。新品ですから固着しているわけではありません。ものすごい馬鹿力で締め付けているようです。作業中断して15mmのレンチをポチリ。潤滑スプレーを吹き付けて後日再挑戦です。

レンチ届きました。潤滑スプレーの効果もあるかと思いますが一発で取れました。モンキーよりも柄の長さがちょっと長いだけですが使いやすさが段違いでした。新しい方は8mmの六角レンチで取り付けるタイプです。トルクレンチは持っていませんので勘で締め付けました。念のため後日増締めします。

色はちょっと白過ぎかとも思えますがまあいいでしょう。ちなみに重量は古い方はペアで377g、新しい方はペアで168gです。209gの軽量化です。

使い心地は上々です。ピンが靴裏に刺さるので靴がしっかり固定されて漕ぎやすいです。軽さは全く分かりません。幅が若干狭く感じました。

pedal1

pedal2

pedal3

pedal4

pedal5

初めてのクロスバイク -ビアンキ買いました-

とりあえず乗りやすそうなビアンキのカメレオンテ1にしました。週末に100km走るとか北海道1周とかそういった気は全くないので気軽に乗れそうなものということで選びました。

bianchi1

いざ納車

4月某日。秋葉原のビアンキ本陣にてカメレオンテ受領。そのまま16kmほどの道のりを1時間ちょっとかけて帰って来ました。
bianchi2

隅田川の花見も盛り上がっていました。
bianchi3

まず最初の印象は路面の凹凸をやたらと拾うなと。お尻のへの振動の伝わりが予想通り結構なものです。サドルは既に購入済みですが、買っておいて正解かもしれません。バランスは非常に良く造りはしっかりしている印象です。ブレーキは効き過ぎるぐらいですので暫くは慎重に操作する必要がありそうです。

付属のパーツは反射板2つ(白、赤)とタッチアップ塗料のみ。ベルは付いていませんので別途購入する必要あり。

パーツの交換は徐々にアップする予定です。