セドナのワイナリー

wine1

wine2

wine3

wine4

セドナの郊外、オーククリークを下って行くとペイジスプリングスという小さな街があります。
10年程前にこのエリアにワイナリーが幾つかできました。

観光地近郊ということでいつも多くの人で賑わっています。
テイスティングも有料で、どちらかというと買いにきている人よりも一杯引っ掛けにきている感じの人の方が多いようです。
まだ10年ほどしか経っていないので若いワインだということです。

アメリカの一般的なワイナリー(ボトル1本$15ぐらいから)よりも若干高めだったと思いますが($20〜だったかな?)、その土地のものを試すのも旅の楽しみの一つですね。

アップタウンからの行き方:
89Aをウエストセドナ方面へ。セドナを抜け、長い緩い下り坂を下りる。
Page Spring Roadを左折(左折レーンあり)
道なりに進むとワイナリーの看板が幾つかある。

SEDONA 2013

2013年のセドナの旅です。
8月末に訪れました。
気候の変動が大きい時期で雨が多かったですが、色々な表情を楽しむことができますのでこういった季節もいいでしょう。

昼間は暑いですが日が陰れば涼しくなります。朝夕は涼しいので活動しやすいです。

sedona131
郊外の未舗装道路。雨上がりだったので走破断念。

sedona132
ペン助。トラックのレンタル。引っ越しで利用するようです。

sedona133
こんなイベントをやっていました。アパッチ系の人です。

sedona134
ジオラマ風ベルロック。

sedona135
雨雲に覆われています。

sedona136
アップタウン方面は雨。

sedona137
トラカパキ

sedona138
作業中。

sedona139
標高が1300mほどあるので雲は低い位置にできます。

Red Agave @ Sedona


セドナのホテルの紹介です。
このホテルはセドナの南にあるVillage of Oak Creekにあります。
フェニックスからのシャトルバスのバス停からも5分ほどです。
街の北の外れにあるのでホテルの北側には何もありません。
ということで景色は最高です。
目の前にはベルロックがそびえ立ち朝夕には赤く輝きます。

部屋は平屋のワンベッドルームと2階建ての家族向けの2ベッドルームの2種類でどちらかと言うとモーテルのような感じです。
ベッドルームは広くはなくバスルームはシャワーのみです。
キッチンが付いていますがあまり使い勝手はよくありません。
部屋はちょっとがっかりさせられますが、景色を楽しむホテルとしてはセドナエリアで上位に入ります。

Red Agave Resort


部屋の入り口


部屋の中。右がベッド。奥はシャワーとトイレ。


ベッドとキッチン。


窓からの眺め。


プールとジャグジー。


ウズラさんは至る所にいます。


庭とベルロック。

Red Rock Pass in SEDONA

セドナを含むレッドロックカントリー地域の駐車場に駐車する際にレッドロックパスが必要になります。
それぞれの駐車場にチケットの自動販売機があります。
1日券、1週間券、1年券があるので必要なものを買いましょう。
購入したチケットは車のダッシュボードの見えるところに置いておきます。

観光案内所などでも購入可能です。

cathedral rock @ SEDONA

セドナの4大ヴォルテックスのひとつカセドラルロックです。
ここへのアクセスは2通りありますので簡単な方を紹介します。
「Y」交差点から179号線を南下し、Back O Beyond Rdを右折します。
細く曲がりくねった道を2〜3分進むと小さな駐車場が左手に見えます。
ここに車を停め(要レッドロックパス)ます。
cathedral rock

トレイルに入ってすぐに涸れ川を渡ります。
cathedral rock

数分歩けばカセドラルロックの麓に到着します。
ここから眺めるだけでもいいですが、ある程度の高さまでなら比較的簡単に登ることができます。
cathedral rock

岩肌が露出して滑りやすいので歩きやすい靴をお勧めします。
傾斜は徐々にきつくなります。
cathedral rock
登り始めるとどこがトレイルなのか判らなくなりますのでルートの見極めが大切になります。

cathedral rock
登ることが困難な場所も多々あります。
ちなみにヴォルテックスの場所はこの岩山からは離れた所にあります。
岩山のてっぺんがヴォルテックスだと思っている方が大勢いますが大きな間違いです。

cathedral rock
下りることも考えて無理のないルートを探しましょう。

cathedral rock
上空の飛行機↑

cathedral rock
これは裏側から撮った夕暮れ時のカセドラルロックです。
こちら側へは179号線をさらに下ったVillage of Oak CreekのVelde Valley School Roadからアクセスします。
こちらの方が駐車場からの距離がありますので体力に自信がある人向けです。

CMでよく利用されている場所はオーククリークの反対側で結構な駐車料金を取られます。

Boynton Canyonの行き方

セドナの4大ヴォルテックスのひとつ、ボイントンキャニオンへの行き方です。

レンタカー以外でのアクセスではジープツアーが最も簡単ですが、車が無いけど自力で行きたいという方にはレンタサイクルという手段もあります。
ただし、標高が1300mほどだということはお忘れなく。

行き方ですが、「Y」交差点からウエストセドナへ向かいひたすら進みます。
もうそろそろ街が終わりそうな感じのところの交差点でDry Creek Roadへ入ります。(右折)
この道は一時停止が多いので速度に注意。
パトカーが高い頻度で見張っています。
住宅地を抜け、暫く進むとT字路にぶつかります。
これを左折し、Boynton Pass Roadに入ります。
また暫く走るとY字路になりますので右へ曲がります。
ここから100m程先の右側が駐車場の入り口です。
駐車の際はレッドロックパスの掲示をお忘れなく。
持っていない場合は自動販売機で購入できます。
(お金を入れてからチケットが出てくるまでに時間がかかります)

ここからは徒歩になりますが、ヴォルテックスまでの距離はそれほどありませんので重装備は必要ありません。(水は必要です)
まずはDeadmans Pass Trailに入ります。
boynton1

すぐにBoynton Canyon Trailと分岐しますのでそちらに曲がります。
boynton2

ココニノナショナルフォレストの看板があります。
国有林なので植物の採取等はできません。
boynton3

木々の隙間から岩山が見えます。
boynton4

岩山を登って行くとカチナウーマンと呼ばれる岩が見えます。
この左側が目的地です。
boynton5

トレイルの終点からの眺め。
あまり高い岩山ではありませんが、それでもなかなかの景色です。
boynton6

Sedonaの旅2009

4/1〜4/4までセドナに滞在しました。

セドナ初日

フラッグスタッフのDaysInnをチェックアウトし、I-17には乗らずに平行している89Aでセドナへ向かう。30分程度で着くのでのんびり運転で。急な下り坂の手前のビューポイントで早くも休憩。
1-1
暫く谷底を眺めて出発。数百メートルの断崖を下り谷底の道へ。スライドロック州立公園へは一度行ってみたいと思いつついつも素通りしてしまう。セドナの手前の橋のところで再び休憩。
1-2
また暫く谷底を眺める。走り出して2〜3分でアップタウンに到着。標高差800m程を下ってきたのでかなり暑い。適当な場所に車を停め、アップタウンの散策。
1-3
本来こういった観光地化した町は嫌いなので散策することはないのだが、何故かセドナは別。何を買うわけでもなくただうろうろと。バーガーキングで軽く昼食を済ませ今度はウエストセドナ方面へ。こちらも何を買うわけでもなくただうろうろ。再び戻りトラカパキへ。いい時間になったのでホテルへ向かいチェックイン。今回はちょっと安かったのでハイアットにした。部屋の詳細は別項参照。
1-4
思いのほか立派なキッチンが付いていたので夕食は部屋で作ることにした。ウエストセドナのスーパーで食材を買いこみ帰宅。
1-5
肉が安かったのでかなりベタだがステーキにした。有機野菜セットも買いサラダも付けて1人$4ぐらい。安すぎ!
1-6

2日目
今日はアクティブデー。
朝食を済ませボイントンキャニオンへ。
2-1
駐車場でレッドロックパスを購入しダッシュボードに置いておく。デッドマンパストレイルからボイントントレイルへ入り15分ほど歩けばもう終点。
2-2
小高い丘からの眺めは中々だが、裏手のリゾートホテルの工事の音が五月蝿く幻滅。。レッドロックパスを有効に使うため次のヴォルテックスへ移動。カセドラルロックへは179号線からバックオービヨンド通りへ入り奥へ進んだところからのスタート。狭い駐車場に車を停め出発。ドライクリークを越えると目の前にカセドラルロックがそびえたつ。ある程度まで登ったがそこで断念。ちょっと人が多すぎる。
2-5
もう結構いい時間なので下山して昼食を摂りにベルロック方面へ。オーククリークに入ってすぐのところのあるタイ料理屋がお気に入りでセドナに来る度に寄ってます。ここでスイートグランドキャニオン(カレ−)を食べ、午後は買物。また食材を買い込み帰宅。夕方ホテルのロビー横の部屋でネイティブアメリカンのフルート演奏があるというので見に行ってみる。が、当人はネイティブと言ってもほとんど白人(見た目は白人)で手作りアクセサリーの売り込みに精を出しすぎでなかなか開演せず、やっと始まったと思いきや色々なフルートの説明が始まり5分話してワンフレーズ吹く、また5分話してワンフレーズ吹くの繰り返し。全く面白くないので途中で退席して外で夕日鑑賞。
2-6
夕方はけっこう寒い。夜は暖炉をつけないと寒いくらい。

今日はターキーを買ってみた。オーブンも付いているので丸焼きにしてみる。スープとサラダも付いて今日も激安。身が少なそうに見えたがものすごい量だった。半身しか食べきれなかった。でも最高に美味い。
2-7

3日目
天気は薄曇り。
昨日の残りのターキーで朝食。今日はちょっと足を伸ばしてモンテズマウェルへ行ってみる。
3-1
197号線を南下し、I-17を潜り、ちょっと先を右折。未舗装道路を10分ほど行くと左側にある。ここは先住民が使っていた水瓶。池の回りの断崖に住居跡も残っている。
3-2
なにもこんな危険な場所に住まなくても。。。と思ってしまう。買い出しに行くにも命がけだ。
3-4
飲み過ぎて帰ったら間違いなく死ぬだろう。

セドナに戻り、また散策。これといってやることも無いのでぶらぶら過ごす。今日もスーパーで夕食の買い出し。ターキーの手羽元のような部分を買ってみた。メニュー的には昨日とほぼ同じ。
3-5

4日目
名残惜しいがチェックアウトしてフェニックスへ向かう。