久しぶりのグランドキャニオン2017

12年ぶりにグランドキャニオンへ行きました。グランドキャニオンの整備計画が二転三転し、無意味な森林破壊が行われていた2005年を最後に足が遠のいていました。たまたま入場料無料の日とかち合ったので久しぶりに行ってみました。

フラッグスタッフのモーテルを出発したのが3:30。暗闇をひた走り5時過ぎにグランドキャニオンのヤバパイポイントに到着。既に明るくなってきています。この時間だと駐車場もまだ空いています。以前はいろいろなポイントを梯子することができましたが、現在では車が多すぎて移動は不可能みたいです。

日の出は6時頃。撮影を終えたら付近の散策。気温は0℃なのでとても寒い。

夜間走行をしたので車は虫だらけ。

こんなカフェが出来ていた。裏側はレンタル自転車屋。ここで軽く朝食を。

きれいに整備されて以前の面影は全くありません。

素人ハイカーの為の注意書きがあります。主に中国人やインド人向けでしょうか。

ビジターセンターはハイカー向けの情報しかなく面白くはなかった。

景色は昔と変わらず。

こういった展示品はいつ見ても楽しい。

デザートビューへも行ってみました。こちらは以前とほとんど変わっていませんでした。ちょっと安心。

昼前に東口から出て戻ってきました。早い時間でしたが人出はかなりのものでした。あまりにも人が多く以前のようにのんびり過ごすことはできそうにありません。のんびり派のアメリカ人は慌ただしいサウスリムを避けてノースリムに行くようですが、こちらものんびり派でごった返しているという状態です。

Mountain View Inn @ Flagstaff AZ

セドナの人気に吊られてフラッグスタッフのモーテル価格も年々上昇しています。以前は$50も出せばそこそこのモーテルに泊まれましたが今では$80かかります。そんな中比較的安かったのがMountain View Innです。ダウンタウンからは少し離れているので利便性は若干低くなりますが、安さは魅力です。古典的な平屋+一部2階建てのモーテルで、10年前なら$20〜$30ぐらいのクラスですがこれでも$50します。室内はまあまあ清潔感はあります。窓は防犯の為なのか非常に小さく薄暗いですが寝るだけなので問題ありません。バスルームは狭いながらバスタブがあります。
道路の反対側に線路があるので夜間の列車の警笛や騒音はそれなりですが、余程の田舎者でない限り許容できる範囲だと思います。
客層は思いの外良く騒ぐような輩はいませんでした。オーナーはインド人。インド人は家族経営でやっているところがほとんどなのでセキュリティーは結構しっかりしています。

グランドキャニオンへ行く場合はUS−180を北へ向い、AZ64号線にぶつかったら右折して直進です。時間帯にもよりますが、1.5時間〜2時間程度です。夜間は漆黒の闇に包まれ鹿等が路上に出没しますので時間がかかります。日の出を見に行くのであればくれぐれも注意しましょう。

アメリカのガソリンスタンド

アメリカのガソリンスタンドはほとんどがセルフ給油です。日本のものとほとんど同じです。

まず車をポンプの前に停めます。ポンプにカード挿入口がありますが、日本のクレジットカードは使えないので窓口(店内のレジ)へ行きます。ポンプの番号(大体上の方に番号が振ってある)と金額(給油量)を伝え、カードか現金で支払う。カードを渡すとクレジットかデビッドかと聞かれることもあります。怪しげな雰囲気の店ではカードは使わない方がいいです。

レシートを貰い車に戻る。油種をを選びボタンを押します。ボタンに書かれている数字はオクタン価です。ノズルを給油口に突っ込み給油開始。規定量に達すると自動で止まります。ノズルを戻しておしまい。

どの程度給油すれば良いかは判り辛いですが、半分を切ったら$15〜$20ぐらいが目安です。

道路工事の様子@AZ89a

今更ですがフラッグスタッフ-セドナ間の道路工事の様子(2017/4)です。セドナ人気が高まってきた関係で道路を拡張するそうです。時間帯によって通行止めや車線規制がありますので89Aを利用される場合は通常よりも時間がかかる可能性があります。また、セドナ周辺は午後3時頃から6時頃まで大渋滞になります。

もうすぐ買い付けの旅です

来週から買い付けの為にアメリカへ行ってきます。その間店はお休みとなりますのでご了承ください。現在予定を組み立てていますが、相変わらずホピに振り回されています。言うことがコロコロ変わるのでその都度予定を調整しています。会う予定の人、会えなくなった人、音信不通の人、様々です。現地に着いてからも予定は刻々と変わっていきます。結局当日の朝にならないとその日の予定が分からないといった有様です。あまり完璧を目指してしまうと疲れきってしまうので適当にのんびりと行ってきます。前にも書きましたがラスベガスが拠点ですがカジノはやりません。本当にやりません。

アメリカに行ってきます

急遽アメリカへ行くことになりました。突然決まってしまったので心の準備ができていません。飛行機嫌いの私としては今ひとつ心が躍らない旅ですががんばってきます。何をしに行くかと言えばもちろん買い付けです。今年はカチナドール展があるのでそれに向けての買い付けです。現在いろいろな人と連絡を取っているところです。今回はフェニックスを拠点にしようかとも思いましたがやっぱりラスベガスになりました。カジノには全く興味がありませんがラスベガスです。

WALNUT CANYON N.M.

グランドキャニオンから2時間ほど、フラッグスタッフから30分ほどのところに先住民シナワの遺跡があります。断崖の中腹の窪みに住居が点在しています。その場で調達した材料で造られているので違和感もなく完全に風景に溶け込んでいます。中腹に造られる理由は、雨風を凌げるだけでなく、敵や猛獣から隠れることができるのも大きな理由だと思われますが、崖の上へ出るにはいちいち梯子を掛けなければならず足を踏み外せば滑落するリスクの大きい生活でもあります。崖の上の遺跡はより新しい物で、住居のサイズも大きくなっています。

標高は2000mあるのでゆっくり歩かないと心臓に負担がかかります。

興味がある方はこちらのサイトもご覧ください。若干詳しく記載しています。

walnutcanyon1

walnutcanyon2

walnutcanyon3

walnutcanyon4

walnutcanyon5