ブレーキローター&パッド交換(フロント)

走行距離は少ないですが、ローター、パッド共に状態が良くないので交換しました。

作業はリアから始めましたがローターの固着が激しく2度断念し、リアは後回しにしてフロントの作業に入ります。

ローター、パッド共にブレンボ製。ローターはヨーロッパ仕様のスリット入りのブレンボマックス、パッドはアメリカ仕様のセラミックパッドです。
それぞれ約€175、$80で購入。合計で¥32500程で収まりました。

必要工具は6mmと7mmのヘックスソケット、16mmのレンチ、ハンマー等。

まず作業しやすいように作業する側のキャリパーが外側にくるようにハンドルを切っておきます。

ジャッキアップし、タイヤを外したらキャリパーの留金を外します。毎回難儀しますが正式な外し方はどうやるのでしょう?

ここでローターとハブの境目に潤滑スプレーをたっぷり吹き付けておきます。

キャリパー裏側のキャップを外し7mmのヘックスレンチで上下のボルトを外します。このボルトは締め付けトルクが30Nmなのでさほど力は要りません。

ドライバーでこじりながらキャリパーを外します。

ブレーキホースを痛めないようにS字フック等でサス等にぶら下げておきます。

パッドとセンサー(助手席側)はこの時点で外しても大丈夫です。

ローターを固定しているボルトは6mmのヘックスですが、ローター自体が回ってしまうので押さえながら緩めておきます。

キャリパーブラケットのボルトを外しますが、110Nmで締め付けられておりかなりの力を要します。

潤滑スプレーを吹き付けておきましたが、外したボルトには全く浸透していませんでしたので力に頼るしかなさそうです。
助手席側はレンチを下に押し込む形になるので体重をかけてじっくりとと行えば外れました。
運転席側はレンチを持ち上げる方になるので力を入れ辛く難しいです。結局レンチの柄に物干竿を差し超ロングレンチにしたらあっさり取れました。

固定ボルトを少し緩めてローターを揺すってみてがたがた動けば固着していません。非常に楽な作業になります。
動く気配がない場合はハンマーの登場です。

ホームセンターで購入した石頭ハンマー1.1Kg。これで思い切り叩いたら恐らくいろいろなところが壊れるだろうと思わせる風格あるハンマーです。
これでローターをまわしながらコンコンと叩いていきます。
叩く場所はパッドが接する面ではなく中央付近です。
フロントの場合はこれであっさり取れます。

外れたらパーツクリーナーとワイヤーブラシで錆を落とし、きれいになったところで固着防止用にアンチシーズカッパーを塗布しておきます。

これからは組付けです。

ローターをはめます。ブレンボは固定ボルトも付属しているので新しい物と交換します。締め付けトルクは16Nmですが、ローターも回ってしまうので適当に手締めしておきます。

キャリパーとブラケットもパーツクリーナーとワイヤーブラシできれいに掃除します。

キャリパーのピストンは忘れずに戻しておきます。古いパッドを噛ませておくとピストンを痛めませんが、手持ちのクランプがそこまで開かなかったのでフロントではこの方法は使いませんでした。

ブラケットを戻します。締め付けトルクは110Nmですが、そこまでの力はありませんので(ホイールボルトとは勝手が違います)緩み防止剤を塗布し、100Nmで締め付けました。

キャリパーにアンチシーズカッパーを塗布します。
パッドに塗布する人が多いですが、無駄が多く仕上がりも汚くなります。
整備書にはキャリパーに塗布するとの記載があります。

パッドを組み付けます。

キャリパーを戻します。
締め付けトルクは30Nmですがトルクレンチが入りません。大したトルクではありませんので手締めで済ませました。
後から思えば25Nmまでの小型のトルクレンチで締めておけば良かったのではないかと。

蓋を閉めて金具を取り付け終了です。
ホイールの締め付けトルクは120Nmです。
慣れない作業でしたので片側で3時間を要しました。何に時間がかかったのか判りませんが、固いボルトと固着ローターをいかにスムーズにこなすかがポイントのようです。
反対側はローターの固着が若干酷かったものの2時間で終えました。

技術的な難易度は非常に低いですが、忍耐力と体力は必要な作業です。

ブレーキフルードの点検はお忘れなく。大丈夫だろうと高をくくっていましたが、溢れてました。

比較画像

ついでにいろいろ点検。
スタビのマウントブッシュは交換予定。部品は入手済み。

ブレーキホースはかなり劣化しているように見えます。近々交換しましょう。

交換後の試走では鳴きもがたつきも無く問題ないようですがブレーキペダルのタッチはフカフカするような感じがします。
利きは全く問題なく良く利いています。