Wupatki N.M.

グランドキャニオンのついでに訪れる観光客が増えているようで公園側も張り切って整備しているようです。確かに園内では以前の数倍の人を見かけます。ほとんどの人にとってはあまり興味が湧かないであろう先住民の遺跡の公園ですが、人の目に触れることはよいことです。

園内には幾つかの先住民の遺跡が点在しています。それぞれの遺跡の時代は若干異なりますが、この一帯では群を抜いた高い建築技術は見応えがあります。古代プエブロとシナワの接点に位置しているので他文明同士の文化的交流の痕跡も残されています。

この公園はサンセットクレーターボルケーノナショナルモニュメントに繋がっていますが、今回は時間がなかったので素通りしました。死火山があるだけです。ここのトレイルは小石大の溶岩の上を歩くため、歩き辛く靴は傷だらけになります。

フラッグスタッフからはUS89号線を北へ20分ほどでサンセットクレーターの入り口へ着きます。グランドキャニオンからは東口から出てAZ64からUS89を南へ行き、20マイル程で公園入り口です。

Mountain View Inn @ Flagstaff AZ

セドナの人気に吊られてフラッグスタッフのモーテル価格も年々上昇しています。以前は$50も出せばそこそこのモーテルに泊まれましたが今では$80かかります。そんな中比較的安かったのがMountain View Innです。ダウンタウンからは少し離れているので利便性は若干低くなりますが、安さは魅力です。古典的な平屋+一部2階建てのモーテルで、10年前なら$20〜$30ぐらいのクラスですがこれでも$50します。室内はまあまあ清潔感はあります。窓は防犯の為なのか非常に小さく薄暗いですが寝るだけなので問題ありません。バスルームは狭いながらバスタブがあります。
道路の反対側に線路があるので夜間の列車の警笛や騒音はそれなりですが、余程の田舎者でない限り許容できる範囲だと思います。
客層は思いの外良く騒ぐような輩はいませんでした。オーナーはインド人。インド人は家族経営でやっているところがほとんどなのでセキュリティーは結構しっかりしています。

グランドキャニオンへ行く場合はUS−180を北へ向い、AZ64号線にぶつかったら右折して直進です。時間帯にもよりますが、1.5時間〜2時間程度です。夜間は漆黒の闇に包まれ鹿等が路上に出没しますので時間がかかります。日の出を見に行くのであればくれぐれも注意しましょう。

Baymont Inn @ Flagstaff

セドナの人気につられて物価が上がってきたフラッグスタッフ。モーテル価格も上昇しています。以前は$20ぐらいでいくらでも探せたのですが、今では$50以下のモテールは難ありのところが数件あるのみです。今回はちょっと良さげなBaymont Innが安くなっていたので泊まってみました。

場所はI-17の起点とI-40インターの近く、ウォルマートも近所なのでとても便利です。目の前のミルトン通りは混雑が激しくなってきましたが、裏道を使えば渋滞を回避できます。このモーテルは通り沿いですが、高台にあるので騒音もなく眺めもなかなかです。外観はきれいなモーテル、中身はちょっとしたホテルといった感じです。廊下や室内のカーペットもモーテルよりも良いものを使っている感じで清潔感もあります。ベッドは固すぎず柔らかすぎずとても快適です。テーブル等は安っぽさが無くバスルームはホテル並みにピカピカです。全体としてデイズインやトラベロッジとは格が違う感じです。朝食は卵やソーセージ、パン類、自分で作るワッフル等品揃えは豊富です。飲み物はコーヒー、ジュースなど一通りあります。ハウスキーピングの人達も穏やかな雰囲気でとても良い滞在でした。ここまで褒めることは滅多にありませんが、ここは100点です。また利用します。

baymont inn

baymont inn

baymont inn

OAK CREEK TERRACE

セドナとフラッグスタッフの間にある静かな大人のリゾート、Oak Creek Terrace。国道89A沿いですが、騒音は全くなくとても静かです。オーククリークまで降りることもでき、川辺でまったり過ごすこともできます。部屋はこじんまりしていますが、ジャクジーと暖炉があります。バーベキューも可能です。セドナまでは距離があるのでセドナを満喫したい人にはやや不便ですが、リピーターにはお勧め出来るホテルです。

oak1

oak2

oak3

oak4

oak5

oak6

Sky Ranch Lodge @ Sedona

エアポートメサの頂上、セドナ空港の横にあるホテルです。セドナ市内を一望できる眺望は格別です。朝日も夕日もすばらしい。部屋は広くゆったりと過ごせます。夏場以外は暖炉が活躍します。簡易キッチン付きの部屋もあります。屋外プールには温水ジャクジーがあるので露天風呂気分も味わえます(要水着)。ホテルの周辺には野うさぎやウズラがたくさんいます。ハチドリも飛んできます。エアポートメサのボルテックスまでは徒歩10分程度です。となりの空港は日に数回小型機が離発着する程度なので騒音は気になりません。付近には何もないので夜間は特に静かです。

Sky Ranch Lodge

Sky Ranch Lodge
フロント
Sky Ranch Lodge
部屋
Sky Ranch Lodge
部屋
Sky Ranch Lodge
暖炉
Sky Ranch Lodge
Sky Ranch Lodge
うさぎ

Sky Ranch Lodge

Homolovi Ruins State Park

アリゾナ州の東、Winslowという小さい街の郊外にある州立公園。
ホピ族の先祖にあたる人々の遺跡でHomol’oviとはホピ語で「切り立った丘のある場所」というような意味になります。遺跡は西暦750〜850頃からのものとされています。1400年代まで高度な農業技術や狩猟技術によってこの地域は繁栄しましたが、その後全ての人がこの地を離れ再び戻ることはありませんでした。一部は現在のホピ族の村へ、別の者は東のリオグランデ川流域へ戻っていったと考えられています。

この周辺にはいくつかの大きな村の跡がありますが、公開されているのはごく僅かです。早朝に訪れると朝食中の野うさぎを見ることが出来ます。

入場料は$5→$7/車
その他詳細はこちら
http://azstateparks.com/Parks/HORU/index.html

※2010/5現在この公園は閉鎖中です。予算の関係上のようですが今後の見通しは不明。

朗報!営業再開したようです。入場料も値上げしました。2012/2






Sedonaの旅2009

4/1〜4/4までセドナに滞在しました。

セドナ初日

フラッグスタッフのDaysInnをチェックアウトし、I-17には乗らずに平行している89Aでセドナへ向かう。30分程度で着くのでのんびり運転で。急な下り坂の手前のビューポイントで早くも休憩。
1-1
暫く谷底を眺めて出発。数百メートルの断崖を下り谷底の道へ。スライドロック州立公園へは一度行ってみたいと思いつついつも素通りしてしまう。セドナの手前の橋のところで再び休憩。
1-2
また暫く谷底を眺める。走り出して2〜3分でアップタウンに到着。標高差800m程を下ってきたのでかなり暑い。適当な場所に車を停め、アップタウンの散策。
1-3
本来こういった観光地化した町は嫌いなので散策することはないのだが、何故かセドナは別。何を買うわけでもなくただうろうろと。バーガーキングで軽く昼食を済ませ今度はウエストセドナ方面へ。こちらも何を買うわけでもなくただうろうろ。再び戻りトラカパキへ。いい時間になったのでホテルへ向かいチェックイン。今回はちょっと安かったのでハイアットにした。部屋の詳細は別項参照。
1-4
思いのほか立派なキッチンが付いていたので夕食は部屋で作ることにした。ウエストセドナのスーパーで食材を買いこみ帰宅。
1-5
肉が安かったのでかなりベタだがステーキにした。有機野菜セットも買いサラダも付けて1人$4ぐらい。安すぎ!
1-6

2日目
今日はアクティブデー。
朝食を済ませボイントンキャニオンへ。
2-1
駐車場でレッドロックパスを購入しダッシュボードに置いておく。デッドマンパストレイルからボイントントレイルへ入り15分ほど歩けばもう終点。
2-2
小高い丘からの眺めは中々だが、裏手のリゾートホテルの工事の音が五月蝿く幻滅。。レッドロックパスを有効に使うため次のヴォルテックスへ移動。カセドラルロックへは179号線からバックオービヨンド通りへ入り奥へ進んだところからのスタート。狭い駐車場に車を停め出発。ドライクリークを越えると目の前にカセドラルロックがそびえたつ。ある程度まで登ったがそこで断念。ちょっと人が多すぎる。
2-5
もう結構いい時間なので下山して昼食を摂りにベルロック方面へ。オーククリークに入ってすぐのところのあるタイ料理屋がお気に入りでセドナに来る度に寄ってます。ここでスイートグランドキャニオン(カレ−)を食べ、午後は買物。また食材を買い込み帰宅。夕方ホテルのロビー横の部屋でネイティブアメリカンのフルート演奏があるというので見に行ってみる。が、当人はネイティブと言ってもほとんど白人(見た目は白人)で手作りアクセサリーの売り込みに精を出しすぎでなかなか開演せず、やっと始まったと思いきや色々なフルートの説明が始まり5分話してワンフレーズ吹く、また5分話してワンフレーズ吹くの繰り返し。全く面白くないので途中で退席して外で夕日鑑賞。
2-6
夕方はけっこう寒い。夜は暖炉をつけないと寒いくらい。

今日はターキーを買ってみた。オーブンも付いているので丸焼きにしてみる。スープとサラダも付いて今日も激安。身が少なそうに見えたがものすごい量だった。半身しか食べきれなかった。でも最高に美味い。
2-7

3日目
天気は薄曇り。
昨日の残りのターキーで朝食。今日はちょっと足を伸ばしてモンテズマウェルへ行ってみる。
3-1
197号線を南下し、I-17を潜り、ちょっと先を右折。未舗装道路を10分ほど行くと左側にある。ここは先住民が使っていた水瓶。池の回りの断崖に住居跡も残っている。
3-2
なにもこんな危険な場所に住まなくても。。。と思ってしまう。買い出しに行くにも命がけだ。
3-4
飲み過ぎて帰ったら間違いなく死ぬだろう。

セドナに戻り、また散策。これといってやることも無いのでぶらぶら過ごす。今日もスーパーで夕食の買い出し。ターキーの手羽元のような部分を買ってみた。メニュー的には昨日とほぼ同じ。
3-5

4日目
名残惜しいがチェックアウトしてフェニックスへ向かう。