カチナのお話 第72回 Bumble Bee

今回は非常にレアなミツバチのカチナです。

弓矢を持ってミックスダンスに現れますが、役割はあまり知られていません。弓矢を持っているので狩りに関連する能力があると思われます。
カチナドールとしてもほとんど目にする機会はないレアな存在です。
頭の上に蜂の巣を載せている大胆なデザインが特徴的です。

—————————————————————-
KOKOPELLI Katsina Doll
http://kachina.studio-kokopelli.co.uk/

KATSINA GALLERY
http://katsinagallery.studio-kokopelli.co.uk/
—————————————————————-

カチナのお話 第69回 Dragonfly

今回はトンボのカチナです。

レーサーカチナの一種でホピの村人と競争します。競争に負けた村人は鞭で叩かれ顔に煤を塗られます。勝てば商品のピキパン(青トウモロコシの粉を練って作ったクレープのようなもの)を貰えます。春に行われるこのイベントは雪解け水の水量が豊富であることを祈願する意味を持っています。


—————————————————————-
KOKOPELLI Katsina Doll
http://kachina.studio-kokopelli.co.uk/

KATSINA GALLERY
http://katsinagallery.studio-kokopelli.co.uk/
—————————————————————-

カチナのお話 第61回 Yamuhakuto

ズニ系カチナの最後はYamuhakutoです。ズニハクトと呼ばれることがあります。一般的には簡略化されたハクトで通用します。
100年ほど前にズニから輸入されたもので比較的新しいカチナになります。ホピの儀式では他のズニ系のカチナと共に現れて踊りますが、これと行った役割はなさそうです。頭上にはコトンウッドの棒を載せています。

hakuto

—————————————————————-
KOKOPELLI Katsina Doll
http://kachina.studio-kokopelli.co.uk/

KATSINA GALLERY
http://katsinagallery.studio-kokopelli.co.uk/
—————————————————————-

カチナのお話 第47回 Yeibichai

カチナの中には他の部族を表しているものも多く存在しますが、Yebichaiはナヴァホの「話す神」そのものです。
ナヴァホの「祝福の道」等の儀式に現れる神ですが、ホピの儀式ではダンサーの一人としてナヴァホダンスに現れます。
ホピとナヴァホはあまり仲は良くありませんが、そういった部族の神の力をも借りてしまおうといったホピ族のたくましさが感じられます。

talking god

—————————————————————-
KOKOPELLI Katsina Doll
http://kachina.studio-kokopelli.co.uk/

KATSINA GALLERY
http://katsinagallery.studio-kokopelli.co.uk/
—————————————————————-

カチナのお話 第34回 Poli Taka

今回は第1回で紹介したバタフライカチナのひとつ、Poliの男版Poli Takaです。近年バタフライカチナの概念が変化してきているようでバタフライ=Poli、ウォーター、モイスチャー系=Palhikという認識で落ち着いてきているようです。

ということでこのPoli Takaは羽と触角を除けばハミングバードやパロットに酷似した顔立ちで春の儀式に現れるカチナ達に似た出立ちになっています。身に着けているものからランナー系カチナではなくダンサー系だということが判ります。春の訪れを歓迎し、作物の成長を祈るためのカチナだと考えられます。

—————————————————————-
KOKOPELLI Katsina Doll
http://kachina.studio-kokopelli.co.uk/
—————————————————————-

カチナのお話 第10回 Mudhead

少し間が空いてしまいましたが、今回はホピの間でも人気者のマッドヘッドです。
このカチナは元々はズニのカチナでホピが輸入し定着しました。
ですので儀式の際はズニ語で歌ったりします。
マッドヘッドの役割は司会者、ドラマー、コメディアンなど何でもこなすエンターテイナーです。
クラウンと同様に儀式の重苦しい雰囲気を和ませたりすることと滞り無く進行させるとても重要な仕事をこなします。
本来マッドヘッドは近親相姦で生まれた奇形の子供で間違いを戒めるための存在でしたが、
いつしか時間とともに意味合いが変わり、家族愛や部族の繋がりの象徴へと変化しました。
通常カチナは決められた人が演じますが、マッドヘッドは誰がやっても構わないようです。
例えば主役のカチナの登場が遅れている場合など、『マッドヘッドセット』を装着し観客を湧かせることもできるようです。

カチナのお話 第9回 Cold Bringing Woman

カチナのお話 第9回
今回も冬シリーズです。
Cold Bringing Woman(寒さを運ぶ女)というカチナがいます。
名前の通りホピの村に冬の寒さを運んでくる冬限定のカチナです。
丁度今頃の儀式で活躍していることでしょう。
冬の寒さは雪をもたらします。雪は春に水へと変わる貴重なものなので
ホピにとって冬の寒さは大切なものなのです。
このカチナの見た目はオーガ系のようでちょっと怖い感じです。